まずは名刺印刷とはどんなものなのかを簡単に解説します

“名刺印刷とは、印刷業者に依頼して名刺を印刷してもらうというサービスのことです。名刺印刷といっても一般の印刷業者からインターネットでお店を展開しているところまでさまざまです。しかし、いずれの業者でも大量の名刺を安価に、かつ短時間で作ることが可能になっています。また安価なだけでなく用紙やインクを工夫することができるので、高品質の名刺を作ることが可能ですし、デザインに関しても業者に委託することで、手間がかからず名刺を用意することができます。印刷に掛かる時間は短時間ですが、データの作成には時間が掛かりますし、校正作業が難航すると時間が掛かります。しかし、校正作業が済めば印刷そのものは短く当日出荷も可能ですし、印刷業者の近くであれば、当日に受け取りすることも可能です。

名刺印刷、そのメリットについて

名刺印刷はその名の通り、名刺を印刷業者に依頼して作るもののことです。名刺印刷を利用するメリットとしては、高品質な名刺を作ることができることの他にもレイアウトデザインを請け負ってくれるので形を考える必要がないということや、また部数が多くなればなるほど印刷単価は下がり、自作で名刺を作るよりも時間がかからず、結果として安価に名刺を手に入れることが可能になります。用紙に関しても上質紙、アートポスト、マットコート、ミラーコート、サテン調や和紙素材、高級インクジェット用紙などから選ぶ事ができますし、インクも染料系や顔料系などの他にもキラキラと光るラメ系のインクを使うこともできる場合があり、工夫を凝らすことができます。このため、とりあえず、安価な名刺を多数用意したい場合や高品質でこだわりのある名刺を作りたいといった場合にも最適です。

名刺印刷をするまでの流れについて

名刺印刷をするまでの流れとしては注文、作成作業、校正、名刺印刷、出荷と受け取りといったものです。作成作業はデータを作るというものでデータの作成に関しては業者がやってくれるところもありますし、自分で作ることも可能です。このさいにサイズや用紙についても選ぶことになります。一般的な名刺のサイズは55ミリ?91ミリですが、特に決まりはなく欧米では51ミリ?89ミリが使われます。いずれにしても名刺入れが55ミリ?91ミリを基準に作られているので、このサイズ以下のものを選ぶ必要があります。大量に印刷する場合には、予めサンプルを作ってくれる業者もあり、それらを見て印刷を開始するかどうかを決めます。時間としてはデータを入稿した場合には最短で当日といったところもあります。”

少ないロットでも、100枚単位でも全国配送します。 名刺データを作ったことがなくてもテンプレートで簡単作成できます。 通常の4号サイズやその他変形サイズも対応可能です。 名刺の角に丸みを持たせる人気の角丸加工もできます。 ミシン目、パウチなど加工オプションはなんと10種類以上。 20枚~80枚まで片面白黒印刷240円(税別)から。 20枚から注文できるので、色々なデザインを安く試せます。名刺印刷に拘るなら!様々なサイズや加工を取り揃えています